ラーテルワークスからミニサイズのソフトクーラー「オーロラソフトクーラーミニ」が登場

ギア
アイキャッチ画像出典:ラーテルワークス

どうも、「コンパクトギア大好きキャンパー」です。

この時期になると、たくさんのクーラーボックスが販売されますが、「RATEL WORKS(ラーテルワークス)」からもシリーズ展開されているソフトクーラーのミニサイズが登場しました。

その名も、「AURORA SOFT COOLER MINI(オーロラソフトクーラーミニ」です。

では、さっそく紹介していきましょう。

ラーテルワークスのコンパクト2ルームテント「ヴァルライト ブラッシュファイバー」
どうも、「テント大好きキャンパー」です。 いろいろなテントが世の中に販売されています。 実際、どれくらいの数があるのか見当もつきません。 ただ、どのテントもどこか違いがり、こだわりもたくさんあるから見ていて楽しいものです。...続きを読む
スポンサーリンク

「オーロラソフトクーラーミニ」の特徴

・シリーズ最小の容量8L

ラーテルワークスのソフトクーラー「オーロラソフトクーラー」はシリーズ展開されており、今回販売されたミニは、シリーズの中で最小の容量8Lのサイズとなります。

気になる収納率は、350ml缶が最大6本が収納可能なサイズで、思っているよりも多く入るなという感じです。

他にも、アイスクリームや食材などを入れるのにも適しています。

・シリーズ同様の6層構造

「オーロラソフトクーラー」のシリーズは、ソフトクーラーの弱点でもあった保冷力を補う「6層構造」が特徴ですが、もちろん「オーロラソフトクーラーミニ」にも同様の仕様が搭載されています。 

まずは、保冷力の基礎となるウレタンフォームの厚みですが、「天地が30mm・側面が20mm」あり、一般的な「ソフトクーラー」の3倍以上となっています。

これにより、断熱効果は2倍以上も向上させることに成功しています。

表面の生地には、耐久性を向上させるため、1680Dのナイロンを使用し、さらに裏面をPVC加工することで、気密性の高い温度反射に優れたクーラーボックスになっております。

・ミニサイズがさらにコンパクトに収納可能

このソフトクーラーのサイズは、「約W26×D20.5×H22.5cm」ともともとコンパクトなサイズではありますが、収納サイズは「約W28×D21.5×H15cm」とさらにコンパクトになります。

また、コンパクト週のだけでなく、メンテナンス面にもすぐれていて、クーラー内部を水洗いした後、中を引っ張り出して乾かすことができるので、カビや、臭いが付きにくくキレイに保つことができます。

製品仕様

サイズ展開時:約W26×D20.5×H22.5cm
収納時:約W28×D21.5×H15cm
容量8L
材質生地:ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン

まとめ

「オーロラソフトクーラーミニ」は、ちょっとした買い出しやドリンク専用としても使いやすいクーラーボックスではないかと思います。

ソロ用としてなら、ちょうどいいサイズではないかと思うので、興味のある人はチェックしてみてくださいね。

では。