マンホールでキャンプ飯?DODの丸形鉄板「マルデマンホール」で楽しく調理しよう!

ギア
アイキャッチ画像出典:DOD

どうも、「DOD大好きキャンパー」です。

インパクトのあるネーミングとそれに負けない性能で、私たちキャンパーの心をとらえてやまないDODですが、今回も奇抜なネーミングな新商品が販売されました。

その名も、見た目はマンホールにか見えない丸形鉄板「マルデマンホール」です。

焚き火での調理は火加減が難しいですが、この鉄板は余分な脂を適度に落としながら、焼きムラがでにくい仕様になっているんです。

では、さっそく紹介していきましょう。

トンガリハットを使ってDOD「ワンポールテント」といつかのタープを久々に連結してみた
どうも、「親子キャンパー」です。 今回は、久々に一番下の三女と親子キャンプに出かけてきました。 三女にどのテントでキャンプするか聞いてみると、「黒のうさぎさん」といつも通りの解答をいただきました。 うちの娘は、DO...続きを読む
スポンサーリンク

「マルデマンホール」の特徴

・マンホールにしか見えない丸形鉄板

出典:DOD

日本国内には、その県独自のマンホールが存在するので、どこかの県のマンホールと言われたら納得してしまいそうなほどマンホールにしか見えません。

ですが、「マルデマンホール」は、列記とした丸型の鉄板なんです。

鉄板に描かれているうさぎが跳ねるエンボスデザインには、余分な油を落としてくれるという特徴があります。

出典:DOD

また、フラットな鉄板だと脂や食材が落ちてしまうリスクがありますが、この鉄板にはフチがあるので、その心配が少ないのもうれしいポイントではないでしょうか。

それにタレをかける料理にも活用できるので、調理の幅も広がりますよね。

・高い蓄熱性を保持する6mm厚の鉄板

出典:DOD

焚き火の炎での調理が難しい理由は、火加減の調整がしくいからですが、この鉄板には関係ありません。

鉄板の厚みは6mmあり、熱をしっかり蓄えるので、火力調整が難しい焚き火や炭火でも、食材にゆっくり均一に熱を伝えることができます。

・鋳鉄ハンドルが付属で使いやすい

出典:DOD

鉄板の販売だと、ハンドルは別売りなんて場合もありますが、この「マルデマンホール」には付属で鋳鉄ハンドルがついてきます。

鉄板にテコの原理を使ってはめ込めば、重いプレートを安定して持つことができます。

出典:DOD

また、これは別売りにはなりますが、同ブランドの「放浪フタリパン」のフタがジャストフィットで使用できるようになっているので、持っておくと便利ではないかと思います。

・製品仕様

出典:DOD

サイズプレート:(約)W23×D23×H1cm(プレート)
()W5.5×D20×H4cm(ハンドル)
(
)W26×D5.5×H29cm(収納サイズ)
総重量()2kg(※プレート単体:(約)1.6kg、ハンドル単体:(約)0.35kg)
材質プレート、ハンドル:鋳鉄
キャリーバッグ:ポリエステル
セット内容プレート、ハンドル、キャリーバッグ

まとめ

「マルデマンホール」は、見た目がマンホールにしか見えない丸型鉄板です。

正直、よくこれをマンホールに見立てた商品を考え付いたなと感心してしまいました。

これは、さすがDODとしか言いようがない奇抜なネーミングですよね。

しかも、ただ奇抜というだけでなく、高い性能を保持しているというのがすごいですよね。

ぜひ、使ってみたいですよね。

この鉄板に興味のある人は、「DODオンラインストア」をチェックしてみてくださいね。

では。