防寒対策と寝心地を両立したハイランダー「GI コット」は冬キャンプに最適だ!

ギア
アイキャッチ画像出典:hilander

どうも、「寒がり&腰痛キャンパー」です。

突然ですが、寒い時期の睡眠は地面からの「底冷え対策」が必須ですよね。

特に効果的なのが、物理的に地面から距離をとる「コット」を活用することです。

その中でも地面から距離をとれる「ハイコット」は、冷気を感じにくいという特徴があります。

そこで今回は、人気アウトドアブランド「ハイランダー」から販売されている「GI コット」をご紹介します。

このコットは、生地と生地の間に面が挟まれていることで、体からでる熱を外に出さないことで、保温性を高める特徴があります。

では、さっそく紹介していきましょう。

【底冷え対策】冬キャンプはモバイルバッテリーで温まる「発熱パッド」で寒さ対策しよう
どうも、「寒いの苦手キャンパー」です。 冬キャンプは好きだけど、寒いのはキライというキャンパーは多いと思います。 もちろん、私もその一人です。 冬キャンプでは、いろいろな対策をして臨まなくてはいけませんが、個人的に重要な対...続きを読む
スポンサーリンク

「GIコット」の特徴

・従来のGIコットの意味とは違うぞ

出典:Hilander

一般的に「GIコット」と聞くと、米軍で使用されていた簡易ベッドのことをイメージする人が多いかもしれません。

しかし、ハイランダーの「GIコット」は、「G:グランド(壮大な寝心地)」と「I:インサレーション(断熱性)」をあわせた品名なんです。

・生地と生地の間に綿を入れることで断熱性を向上

出典:Hilander

GIコットは、生地と生地の間に綿が挟まれているので、空気の層を値浮くりながら、体から出る熱を外に逃がさないようになっているので、保温性を向上させる効果があります。

出典:Hilander

また、地面から距離がある「ハイコット」を採用することで、直接の地面からの冷気を抑えることと、キルト生地のため地面からの冷気をしっかり防いでくれます。

・2段重ねで極上の寝心地を実現

出典:Hilander

このコットは、600Dの生地を贅沢に2重張りされています。

これにより、横になってもしっかり張りがあることで、屋外でも安定感のある極上の寝心地を実現しています。

・アーチ形の枕付き

出典:Hilander

通常では付属されることがないであろう枕がこのコットには付属されています。

その枕の形状は、アーチ形になっているため首を優しく支えてくれます。

たいがい寝ている間に、枕はズレてしまいがちですが、本体裏面にマジックテープで付けられるので、枕の着脱が可能で寝ている間にズレる心配はありません。

製品仕様

出典:Hilander

サイズ約W195×H34×D63cm(展開サイズ)
約W35×H7×D16cm(枕サイズ)
約W104×H25×D10cm(収納サイズ)
素材600Dポリエステル(本体生地)/キルト加工、アルミ(フレーム)
重量約6.3kg
耐荷重約180kg
付属品枕、結束ベルト、脚キャップ(6個)、収納袋

まとめ

寒い時期でのキャンプには防寒対策が必須ですが、このコットは防寒対策と寝心地の両方ともに満たしてくれるコットになっています。

ぜひ、使ってみたいですよね。

興味のある人は、チェックしてみてください。

では。

タイトルとURLをコピーしました