無骨感あふれるエバニュー「深山剣鉈」は料理から薪割りまで使える刃物です

ギア
アイキャッチ画像出典:エバニュー

どうも、「イケオジ風キャンパーnoburusan」です。

いつか本当のイケてるオヤジになれるよう、日々鍛錬に勤しんでおります。

そうはいっても、何をやるにもまずは形から入るタイプなので、イケてるオヤジに見えるキャンプギアには目がありません。

そんな私が一目見て「これカッコイイじゃん!」と思った剣鉈があったので、今回はこれをご紹介しようと思います。

その名も、エバニュー「深山剣鉈」です。

見た目からして切れ味のよさそうなデザインに、高い性能も合わさったカッコイイ剣鉈なんですよね。

持っているだけで、なんだかできるキャンパーに見えそうなのも最高です。

エバニューからは「深山小刀」も販売されていますが、まったく違ったコンセプトなんでそれも面白いですね。

では、さっそく紹介していきましょう。

斧VS鉈 どっちがキャンプで便利なのか徹底解説!
先日、ソロキャンプを始めた友人から質問されました。 「斧と鉈ってどっちもいるんだよね?」 どうやら、両方ともまとめて購入しようと考えているようでした。 まあ、あるに越したことはないかもしれませんが、実際はそれらを何に使用し...続きを読む
スポンサーリンク

「深山剣鉈」の特徴

・洗練されたデザイン性

「深山剣鉈」を見て最初に感じるのは、その洗練されたデザイン性の凄さです。

ハンドル部分から剣先まですべてがスタイリッシュで、息をのむ美しさがあります。

それもそのはず、この剣鉈は関のナイフビルダーが1本1本制作しており、丹精込めて作られているのです。

・調理から薪割りまで何でも使える

「深山剣鉈」の一番の特徴は、調理から薪割りまで使える汎用性の高さです。

根元から半分は、分厚く打撃に強い「ハマグリ刃」になっており、真ん中から切先にかけては、だんだんと刃を薄く仕上げることで、「包丁の刃付け」になっています。

そのため、バトニングで使用する場合は、「ハマグリ刃」の部分を使用し、包丁としては真ん中から切先を使用することになります。

素材は、ステンレス素材を使用しているので、強度も問題ありません。

製品仕様

サイズ37×277mm(刃長:159mm)
重量133g
素材ステンレス鋼
生産国日本

まとめ

「深山剣鉈」は、スタイリッシュな見た目だけでなく、キャンプで使用しやすいよう考えられた剣鉈になっています。

サイズも「37×277mm(刃長:159mm)」と使いやすいサイズになっていますし、ハンドル部分なんかはパラコードを巻いたりすると、さらにオシャレ度やグリップ力も上がると思います。

こういった持っているだけで気分のあがるアイテムは、手に入れておきたいと思うのは私だけではないと思います。

購入についてですが、現在「エバニューのオンラインショップ」にて購入できますので、興味のある人はチェックしてみてくださいね。