キャンプや登山で活躍!ワンティグリスの軽量コンパクトなソロ用テント「Mona」登場

ギア
アイキャッチ画像出典:楽天

どうも、「ワンティグリス大好きキャンパー」です。

今回は、私の大好きな「Onetigris(ワンティグリス)」から販売された、3シーズンで使用可能なソロ用登山テント「Mona」のご紹介をしていきます。

このテントは、登山で使用するのに重量な軽量コンパクトを追求しながら、外に唯を見ないユニークなポール構造にすることで、風や天候の変化にも耐えうる設計となっているんですよ。

では、さっそく紹介していきましょう。

ワンティグリスからワンポールテントとタープを結ぶ「タープ連結ハット」が登場
どうも、「ワンティグリス大好きキャンパー」です。 最近、娘とキャンプで使用するテントは、娘大好きな「黒のうさぎちゃんテント」こと、DOD「ワンポールテント(M)」を使用することが多いんですよね。 さらに、トンガリハットを...続きを読む
スポンサーリンク

「Mona」の特徴

・軽量コンパクトなと3シーズン使用の登山テント

出典:楽天

このテントの展開サイズは、「約222cm x 104cm x 99cm」の3シーズンの登山で使用できるソロ用テントです。

登山しようという事もあり、収納サイズは「約49cmx18cmx15cm」とコンパクトで、総重量も約1.63Kg(※グランドシートを除くと約1.34Kg)と持ち運びしやすい仕様となっています。

・ユニークな魚の骨格形状のデザインで耐風性能を強化

出典:楽天

登山用のテントとして重要な要素は他にもあります。

山の天気は変わりやすいので、それに対応できる「耐久性」「耐水性」「耐風性」も重要なポイントです。

このテントの構造は、かわりユニークな魚の骨をイメージしたデザインになっています。

この構造にすることで風に対する抵抗力を高くし、強風化でも風をいなし安定させることができます。

また、耐久性のある防裂生地の「20Dリップストップ」を、片面にシリコンコーティングすることで、

耐水圧3000mmを実現しています。

・状況にあわせた設営が可能

このテントは、フライシートとインナーテントだけでなく、グランドシートも標準装備されているので、状況下によって多種の設営スタイルを楽しめるというメリットがあります。

暑さで寝苦しい場合には、「インナーテント+グランドシート」の設営も可能です。

また、デイキャンプなどで使用する場合なら、「フライシート+グランドシート」でサンシェードテントとして使用してもいいと思います。

製品仕様

サイズセットアップサイズ:約222cm x 104cm x 99cm
収納サイズ:約49cm x 18cm x 15cm
素材フライシート:20D シルナイロン製
インナーテント:20Dナイロンメッシュ、40Dバスタブ床
グランドシート:75Dポリエステル
ポール:#7001 超軽量アルミニウム
重量約1.63kg
耐水圧3000mm
セット内容フライシート×1、インナーテント×1、超軽量アルミポール(直径8.5mm)×1セット、
ショートポール×1、グランドシート×1、18.2ft/2.5m ガイドライン×3、ペグ ×8、
スタッフサック×1

まとめ

ソロ用登山テント「Mona」は、ダブルウォール仕様のテントでは軽量部類に入るテントではないかと思います。

また、耐久性や耐風性においても非常に高い性能を誇っているので、登山はもちろんですがキャンプでも安心して使用できるスペックを有しています。

ぜひ、使ってもらいたいですね。

このテントに興味のある人は、チェックしてみてくださいね。

では。